スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
お久しぶりっくす
どうもトラキチです。


自分が日本に帰ってきた今、
これ以上誰が自分のブログを見るのだろうかと思いつつ、
とりあえず、日本版のブログを作りました。


興味ある人はどうぞ。

http://ameblo.jp/lucian-torakichi

まだ、ブログの方向性もフラフラですわ。

| - | 12:49 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
そして現実へ・・・
戻って来ました!!
10日ほど前に。
セントルシアから日本に。


前回の日記はえらいしみったれた日記やったけど、
その後はさらにしみったれた3分の1の純情な感情になっとったのと、
忙しかった(←飲み会で)ので、
今くらいにサクッと書き下ろすのが1番ええな。


サクッとといっても、2年間のカルチャーブランクたるややっぱすごい。
ルシアから日本に帰ってきて、
そして10日経った今でも、未だに感動することあり。
ユニクロの進化っぷりや、アナログTVへの政府の迫害、
ご近所さんとの心の距離感、などなど・・・


とりあえず、そんなこんなをバババッと写真で載せてきまっす。





まずはルシアから出て1つ目の感動。








まず、涼しいってのがあるんやけど、
それとともに、NYの空港のハイセンスな匂いと、
この洗練されたハイテク機器達。


たとえばこれ。





『Spy Pen』

て書いてるけど、その通り、ペンの中にビデオカメラがついている。
もちろん録音もできるから、先生の話しも全部ダビングできる。

ルシアじゃ鉛筆も持ってないから、
生徒が1本の鉛筆のために学校中周って借りに行ったりしてたのに。




ま、そんなこんなで、第2の感動。







来ました!
ニューヨーク!!
ルシアにいる時は、白人より黒人の方がキレイって
思っとったけど、NYに来るとやっぱ白人さんキレイや、

と、同僚のM君に打ち明けると


「それ、単純に女好きなんですよ」


さすが、2年間、苦楽を共にした仲間。
よく分かったな。



で、NYはなんかハイソなんやけど・・・







ゴミ多し!!


いたるところにゴミの山々。
ルシアでもこんなのなかったぞ。
あ、ルシアは1か所に集められてなかっただけか。




で、念願の先進国での飯第1段はコレ。







韓国人街の焼肉。

そしてサッポロの瓶ビール。



日本に帰ってきてからもっと質のええ焼肉屋行ったけど、
色んな意味でここでの感動を越えることはなかったな。

あと、ここで韓国人の店員さんの動きの速さに驚いた。
ルシアンがカイオウ拳10倍使っても勝てんと思う。


それから、コリアンタウンにはこんなものも。






もう翌日には日本にいるであろうのに、
買いあさってしまおうかと思う悲しい習性。



そして華の都大東京へ。






第一印象。

『化け物都市』

まず、人の速さについていけません。
駅で切符をポケットから出そうともたついていると
後ろからおっさんにぶつかられ、

「いってーな、この野郎!!」

と、魔界の洗礼を受けます。


自分がしゃべってる言葉が、
周りの人にも分かってしまうという怖さ。
気分は完全にサトラレです。

ルシアでは日本語しゃべっても誰も分からんんから
「アホか」やら「カワイイなぁ」やら好き勝手言ってたもんね。

M君と俺は急に必要以上に小声でしゃべるようになった。



まぁ他にも受けたカルチャーショックをあげればキリがないけど、

帰ってきて、やっぱ自分変わったな、て実感することがいくつもあって、

この気持ちを忘れんと、

日本社会に、世界に、貢献したいな・・・







・・・と、ニートはほざくわけです。









JICA東京から見た新宿




このブログ、どうしようかまだ考え中なんやけど、
たぶん一旦終了して、違うブログを作って、
そことリンクさせることになると思う。


というわけで、こんな俺による俺のための俺の日記に、
今まで立ち寄ってくれた皆さま、
ほんまにありがとうございました。

それから、色んな経験をさせてもらったセントルシア、JICA関係の方々、
気持ちよく送り出してくれた友達、職場の人達、家族、そして国民の皆様に











感謝!!









いつになるかは分からんけど、
また、新しいブログ作ったらここに載せます。
| ルシア日記 | 08:55 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
いや、もう最後やしさ
ちょっとシメッた感じになってきた。

送別会ありーの、調整員さんの誕生日会で盛り上がりーの。
今日はのっけから気の利いた事書ける気がせんぞ(笑)



ネット開けて何が哀しいて、マーシーがまた捕まったことね。



なんじゃそりゃなんやけど、遠いようで近い二つの話。


要は、



ヒューマニズム〜!!←引用「森の安藤」By You Tube



なんやけどさ。



別れが近いからか、やたらと周りの人を好きになってまうんよね。
人ってええなぁ、と。
1人1人、みんなええこと考えてて、頑張ってて、素晴らしいと。


でもさ、マーシーがさ、

裏切るわけですよ。



それも含めて人間なんやろうけどさ。





おいおい、気の利いた事どころか、全く出口が見えんよ。
今日の日記。





そーいや、金本アニキが言ってたな。

「男は期待を裏切ったらあかん」て。

実際には、期待に応える努力を怠ったらあかん、てことやと思うんやけど、
2年間の活動が終わって、
活動先からも、ルシア隊員からも、

「トラキチはこんなんやった、あんなんやった」

て、色々トラキチ評をいただくわけやけど、←ええこと5割増ね
果たしてそんなことできてきたかなぁ、と。

この借りは今からそれに見合うことをして返すしかないと、
そんな気分です。





あぁ、やっぱラビリンスだわ。
笑いへの抜け道が見つからん。






今日はたかじんのモノマネで勘弁して。









やっぱすっきゃね〜ん!!





あと3日で帰国ですわ。
| ルシア日記 | 14:12 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
なんだかんだで・・・
茶帯を取った今日この頃。
あ、空手の話です。


前から空手の時に、他の人達に少しずつ日本語を教えてたんやけど、
最近またとある言葉を教えた。


そんな今日の出来事。


それは演武の練習中に起こった。


俺がやった動きがどうも違ったらしい。
先生ジファーがなんか言ってきた。


「No, Nishi. (ちゃうんや、ニシ)

That's not right. (そうやないんや)

I'll show you. (ええか、よう見とけよ)

Stay there.  (お前はそのままの姿勢でおれ)

ステイデア (そのままで)


ステーデア  


ステーデー・・・



クックック・・・




うひっひっひっ・・・





はぁっはぁっはぁっ!!」


そのまま笑いながら膝まづいてしまった。





「???」





俺「どないしてん、ジファー!?」





ジファー「ステイデア ステーデア ステーデー・・・











スケーベー・・・・







スケ・・・スケ・・・スケーベー・・・





スケーベー・・・





うひっうひっうひっ・・・






ハーッハーッハー!!!」




必死に笑いをこらえようとするが、こらえきれず、またも膝まづくジファー。




茶帯なりたての空手素人が、
黒帯6段を膝まづかせた瞬間。





日本語、さいきょーね。





そういや、毎週教えてる日本語教室でも
「スケベ」
を教えたら、1時間笑いっぱなしやったなぁ。

今、トラキチは32歳の銀行員のおっちゃんと18歳の女の子に教えている。



おっちゃん「アナタハー ドレクライ ノー カレシ ガー ホシイデスカ?」

女の子「ニジュウ・・・ ハチニン デス♡」

おっちゃん「・・・アナタハー スケベナー ヒトデス」

女の子「イイエ! スケベデハ アリマセン!!」 




こんなんでみんなでバカ笑いしてます。

だって外人が日本語しゃべるとおもろいんやもん。
『板尾の嫁の原理』ね。
あれ、反則。



さて、笑いの閾値とレベルがだだ下がりの俺。
せっかく茶帯とったけど、日本帰ったらみんなの前で膝まづいてまうかも(笑)
| ルシア日記 | 11:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Back to school!!
帰国間際になって、逝き急ぐかのようにルシアンカルチャーを紹介してるな。


今日も、前々から気になってたけど、
そういや、日本じゃあんまりないよな、てことを1つ。


こっちで俺がお気に入りの放送チャンネル『BET』
えっとね。

『Black Entertamentなんとか』

の略。

その名の通り黒人さん向けのアメリカの放送チャンネルです。
んで、そん中に日本でいうMステみたいな音楽番組があんのね。
今日もそれ見てたら、突然こんな感じで・・・





 






『宿題しろ!!』




そして




『学校戻れ!!』







・・・なんで、俺の私生活知ってんねん。←今週で夏休み終わり





タモさんにしてはかっこよすぎる司会の兄ちゃんと
アナウンサーにしてはファンキーすぎる姉ちゃんが

「いや、マジ宿題しねーと人生そーとーミスるしぃ。」

「学校行かなきゃ、あんたの夢も希望も、何一つ、叶えられやしないわよ。」

とかって・・・







めっちゃ説教すること5分!!







こっちの学校は夏休みが明けると新学年。

「あ、そういや、9月やな。
学校って9月からやったっけ? ま、えっか。」

てなBad Boyが多いこと受け合いの黒人社会。

実は街に出てもスーパーの中やら、土産物屋の壁やら、
いたるところに

『学校戻れ』張り紙がしてある。



そしてこの歳になって夏休みがあるということは、
この歳になって、あの夏休み後半の変な焦りを感じるハメにもなるわけで・・・(笑)


家の片づけ、就活、JICAへの報告書、挨拶まわり・・・


ま、色々忙しそうに響くけど、
きっと日本の皆様の5分の1くらいの忙しさです(笑)
こんなブログ書いてるくらいやもんな。
| ルシア日記 | 12:43 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
英語のお勉強 その2
その2になるんかな?


確か、前回はドラゴンボールで勉強してるって話をした気がする。

あれの目的はドラゴンボールの復習と英語のヒアリングでした。


今回のお題は・・・







「発音」






実は、最近この英語の発音っていうもんにフェチってきてまして。



たとえば・・・













このかわいこちゃんが

「That planet Earth turns slowly」
て、歌ってるとこがあんのやけど、

このね、Planetの「t」とEarthの「E」がくっつくとこね。
そしてすかさず舌を中に巻いて「r」にもっていくっていう。

「ザ プラネット アース」

やなくて

「ズァプラァ〜ネーズァ〜ス」


スト兇笋辰討真佑覆虔かる「キャンセル技」ね。
アッパーをキャンセルして昇竜拳にいくわけです。




なんかね、このキャンセル技を聞くのが大好きで。
もう、ここ聞いて歌う度に


「ギューン!!」←昔懐かしワンナイの轟


なわけです。




あと、「Cause everything is…」の「Cause」を

コーズ

やなくて

 カァズ 

て、ちっちゃく言うのとかね。


この歌にはないけど、

「I gotta」を

「アイガッタ」やなくて



イッッアァ



とかって言うのも・・・






も、もうたまりません!!





みんなもやってみて。
結構楽しいよ。
そんなこんなで、1曲歌えるようになると、かなり・・・





快・感♡





そして、こんなかわいこちゃんでも、英語を発音するために、






コンマ何秒間は不細工顔をさらさなくてはいけないという・・・







悲しい英語の宿命。







ちなみにルシアンはここまで舌を巻いたり軽く前歯で噛んだりする人はあんまおらんので、
こんな不細工顔にはなりません。


「ザ(The)」

は堂々と

「ダ」

と読み、公的なポスターにも

「Da」

と書いてしまう程(笑)

「That」やなくて「Dat」なのです。

「サンキュー」やなくて「タンキュー」なのです。

ルシアンに真顔で目をみて「タンキュー」て言われると、
ちょっとずっこける(笑)



そんなルシアン英語の方が、アメリカやイギリス英語の何倍も聞き取りやすいっていう、
ルシアン英語専用の俺の耳。
日本帰って使われることはないやろなー。
| ルシア日記 | 09:20 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
続・俺の茶帯・・・
なかなか連載ものが続かない俺のブログ。

今回もそんな臭いをプンプンさせる間隔をあけてみたんやけど、
なんとかカムバック。


というわけで、忘れないうちに続きを。



空手の茶帯の昇段試験の日に、道場という名の学校の教室に入れなかった俺。

そこに空手の先生、ジファー登場。

さっそく校長にアタック・・・

と思いきや、その手下にアタックしている。


ジファー
「夏休み入って、ずっとやぞ。
ドアを鍵閉めずに開けとくこと、
なんでそれだけのことができひんのや?」

もっともなことを言っている。

手下
「鍵を閉める人が変わったのよ。
私に言われてもどうしようもないわ。」

よくある、

『人のせいにしたら勝ち』

パターンだ。



しばらく小競り合いが続く。
またルシアンのしょうもない言い争いが始まったなぁ、とニヤける俺とランディ。



・・・と、そのうちに段々とジファーが熱くなってきた。



「もうええわいっ!2度と来るかこんな学校!!
もう明日、空手の道具全部引き上げるからな!!
トラックに荷物つめてこんなとことはおさらばじゃい!!
なんじゃい、この学校は!!
俺はもう2度と戻らんからな!!」




あらら、キレちゃったよ。

ランディがなんか俺に言ってきた。

「あs@おいづfが@おしjdf・・・」

言ったあと少しニヤけるランディ。

いや、何言ってるか全く分かりませんけど。

2回くらい聞き直してみる。





「湯沸かし器があるであろう。
あれの中の先生のお湯が沸騰したのじゃ。」







て・・・







こんな時まで喩えかよ。









しかも、お前それ3回言うてまでして伝えたかったんかい。






で、沸騰したまま学校の門を出るジファー。
俺らもテクテクとついていく。


「ほんまあのボケ!
俺はもう2度とこの学校こーへんぞ!
なんやこの学校!
夏休み入ってもうずっとや!ずっと!
こんなとこずっとおる理由ないわ!!
もう、車準備できたらすぐ荷物載せて道場移すからな!!
ほんまなんやこの・・・」




同じ様なセリフを何回も大声でまくしたてながら歩くジファー。
何も言わず若干引き気味にその後を歩く俺とランディー。



3分くらい歩くと、だんだんジファーの口調も静かになって落ち着いてきた。
そしてついに



「・・・・・・・」



静かになったなぁ、心のなしかちょっと背中が寂しそうやなぁ、

と思ったら急に立ち止まった。

そして俺らの方を振り向いてちょっとニヤけながら一言、










「お、おい、

木曜から練習どうしよう・・・」



















素敵すぎる。



そして俺はもううすうす気付いていた。

「俺の茶帯・・・もう無理やな。」

と。


紫帯のまま日本に帰ることになりそうです。

| ルシア日記 | 21:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
俺の茶帯・・・
セントルシアに来てからストレス解消目当てに始めた空手。

今日は茶帯になるための昇段試験の日やった。



道場に行ってみると・・・

「トラキチ、今日は練習できぬぞ。」

空手仲間のランディが言う。
部屋が開いていないとのこと。


実は、うちの道場は学校の教室を間借りしていて、
この夏休み中、警備員の人がやたらとドアの鍵を閉めてしまっていたのだ。

で、いつもは窓から侵入してたんやけど、
この日は裏に校長がいて、それはちょっとまずいとなった。
31歳のボランティア外人が不法侵入で捕まるわけにはいかない。



ちなみに、この空手仲間のランディの英語は
俺の知ってるルシアンの中で誰よりも聞き取りにくく、
誰よりも分かりにくい。
やたらとたとえが多いのだ。

こないだも、

「彼女できたか?」

て、聞いたら、はにかみ笑いしながら

「まだ俺の頭の上には太陽の光が照ってくれんのだ。」

て・・・





「まだできん。」でええやないか。




しかも、これを聞きとるのに3回は聞き直しているからね。

まぁそんなわけで、なんとなく武士語。




いやいや、今日の日記はそれを言いたかったんちゃうねん。

昇段試験の日に、道場が開いてなかった俺。
まだ来てなかった空手の先生に電話すると、とりあえず「待て」とのこと。



しゃーないから待つこと15分くらい。
先生ジファー登場。




あぁ、長くなってきたので、続きはまた今度。

延ばす割に大したオチはないからね(笑)
| ルシア日記 | 20:30 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
そういえば・・・
ルシアに来て驚いたことの1つを、このニュース見て思い出した。
事故のニュースなので、見て気持ちのええもんではありません。


http://www.youtube.com/watch?v=SJ0JAUumg2g&feature=player_embedded


お母さんがトラックに轢かれてしまい、
途中で泣き叫んでるんは娘の1人。


これはまだマシなんやけど、
日本ではプライバシーやら児童を守るためやらで、
TVは規制が多く、色んなものを隠すけど、こっちではジャンジャン見せる載せる。

そして、小さい国やから、野次馬が現場で撮った悲惨な写真やらムービーを
その人が知り得る限りの人間にメールで送って、
それがねずみ溝式に転送されてくる。


学校の昼休みとかに、ネットしてる先生とダベってると、
メールを開いてそんな写真を見せられたりする。



日本はお笑い番組でも、ちょっと強く突っ込むと、
やれ「いじめだ」とかって規制がうるさいらしく、
それもどうかと思うけど、
この国のこのマナーもどうやろう。

報道だけならまだしも、
野次馬の転送文化には、馴染めんな。
| ルシア日記 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豊かな人生ってなんやろう?
お、今日は夕焼けがきれそうな空してんな。
久しぶりに夕日でも見に行ってみよう・・・


タッタッタッと走って5分で、この景色。









ルシアンは夕方まで海入ってキャッキャしてる。








ぼーっと海を眺めてると

「海入るんかー?」

て、若いモンが声かけてくる。

「いや、シャッターチャンス狙ってんねん」

とまぁ、何気ない会話。





帰りしな、ジョギングしながら、お母さんと小学生2人の親子を追い越す・・・

50メートルくらい引き離した所から、小学生2人の猛チャージ。

大人気なく全力ダッシュで再び引き離す。

「くそ〜っ!!」

後ろから小学生の声がする。






いや、ほんま、なんのオチもない日常のワンシーンなんやけど、なんか

「幸せやなぁ」

て感じる。




日本でもこんなんあったっけかな。

きれいな夕日を見に行くのに車で1時間かかったり、
若いモンにはチラ見されるだけやったり、
俺を追いかけようとする小学生は、
「変なガイジンについてったらアカン!」
ておかんに怒られたり・・・



俺の好きな幸せの種が踏みつぶされてないやろか。




今日はえらいしめった内容やけど、
こんなんも忘れんように書いとかんとな。
| ルシア日記 | 12:23 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
全曲集’98
全曲集’98 (JUGEMレビュー »)
河島英五,阿久悠,伊奈二郎,荒木とよひさ,チト河内,若草恵,宮崎慎二,ALFALFA,服部隆之,後藤次利,福井峻
RECOMMEND
our PMA
our PMA (JUGEMレビュー »)
伊藤ふみお,霜田裕司,コバヤシケン
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
share100
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS